« 厚生労働省研究班、魚をよく食べる人は心筋梗塞の発症率が低い | トップページ | グリーンピースの活動が過激化? »

2006年1月18日 (水)

日英、テロ対策で危険物検知の技術開発協力

 郵便物中の生物系毒素を検知できる「超高感度」センサーの共同開発などを行うとのこと。
 日英というのは珍しいですね。
●関連記事
テロ対策:危険物検知の技術開発で協力 日英政府(2006年1月17日 8時50分)(その他:MSN毎日インタラクティブ)
●関連URL
内閣府

|

« 厚生労働省研究班、魚をよく食べる人は心筋梗塞の発症率が低い | トップページ | グリーンピースの活動が過激化? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8214500

この記事へのトラックバック一覧です: 日英、テロ対策で危険物検知の技術開発協力:

« 厚生労働省研究班、魚をよく食べる人は心筋梗塞の発症率が低い | トップページ | グリーンピースの活動が過激化? »