« 乱用事故が問題となっている麻酔薬ケタミンが麻薬指定 | トップページ | 石原 東京都知事、日本橋の景観問題で「首都高より日本橋の移転を」 »

2006年1月21日 (土)

お騒がせ環境?保護団体グリーンピース

 今度は、18日ベルリンの日本大使館前に17メートルのナガスクジラの死体を運び込んで、捕鯨中止のデモを行いました。
 また、日本の調査船団につきまとっていた2隻の抗議船は燃料不足で抗議を中止するとのこと。

 正直、まともな活動に見えません。
●関連記事
死んだクジラで日本に抗議…グリーンピースが捕鯨中止訴え(2006.01.20)(サンスポ.COM 社会)
調査捕鯨船団への抗議中止 燃料不足でグリーンピース(2006/01/20 22:36)(神戸新聞 全国・海外)
●関連URL
「クジラ保護区での捕鯨をやめて!」 ~「グローバル・アクション・デー」に世界各国で反対の声!~(2006年1月20日)(グリーンピース・ジャパン プレスリリース)

|

« 乱用事故が問題となっている麻酔薬ケタミンが麻薬指定 | トップページ | 石原 東京都知事、日本橋の景観問題で「首都高より日本橋の移転を」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8264876

この記事へのトラックバック一覧です: お騒がせ環境?保護団体グリーンピース:

« 乱用事故が問題となっている麻酔薬ケタミンが麻薬指定 | トップページ | 石原 東京都知事、日本橋の景観問題で「首都高より日本橋の移転を」 »