« 日英、テロ対策で危険物検知の技術開発協力 | トップページ | 経済産業省、家電に一定期間経つと使用不能になるタイマーの取り付け案 »

2006年1月18日 (水)

グリーンピースの活動が過激化?

 先日も、グリーンピースの船が日本の調査捕鯨船と接触する事件が起きていました。
 どうも、世の中の注目を浴びて、更に立場を優位にするために、マッチポンプとなって事件事故を演出し始めている印象が強いです。

 正直、調査捕鯨の反対活動が、単に鯨・イルカを殺すのが気に入らないだけという意志しか伝わってきません。鯨の調査は必要なことなんですから、調査捕鯨などしなくても鯨の生態と生息状況をより正確に調査できることを証明してみせるか、他国に行うように働きかけた方が建設的だと思うのですが。。
●関連記事
日本の調査捕鯨に抗議、グリーンピース活動家が海に転落(2006年01月17日10時11分)(asahi.com:国際)
●関連URL
日本鯨類研究所
Greenpeace Japan home(グリーンピース ジャパン)

|

« 日英、テロ対策で危険物検知の技術開発協力 | トップページ | 経済産業省、家電に一定期間経つと使用不能になるタイマーの取り付け案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8214509

この記事へのトラックバック一覧です: グリーンピースの活動が過激化?:

» 趣旨を間違えてはいけない [Bohemian Rhapsody]
読者登録させていただいている彩庵さんの日々思ふこと の環境保護団体とは より 日本の調査捕鯨に抗議、グリーンピース活動家が海に転落(朝日新聞) 環境保護の活動というのはただ単に目立てば良いのではないと思います。もし死人や重傷者が出ていたら、自分たちの... [続きを読む]

受信: 2006年1月19日 (木) 00時33分

« 日英、テロ対策で危険物検知の技術開発協力 | トップページ | 経済産業省、家電に一定期間経つと使用不能になるタイマーの取り付け案 »