« むち打ちなどで発祥する脳脊髄液減少症、潜在患者10万人 | トップページ | 言論弾圧の進む中国、香港への宣伝は活発に »

2006年1月31日 (火)

子どもの救急、公式サイトで判断に目安 小児科学会

 1ヶ月~6歳までの小児が対象で、夜間・休日の診療時間外に病院で受診すべきなのかを判断する参考になるサイトとして、「こどもの救急」がオープンしたとのこと。

 普段から参照して何処にどんな情報があるのか普段から覚えておくことが重要とのこと。緊急時のパニック状態で、いきなり探すのは困難ですからね。
 また、Googleで「こどもの救急」をキーに検索するといろんなサイトで症状や対応を紹介されています。
●関連記事
子どもの救急、公式サイトで判断に目安 小児科学会(2006年01月30日09時28分)(asahi.com:暮らし)
●関連URL
社団法人 日本小児科学会()()
○こどもの救急(該当サイト見つからず(¨;))

|

« むち打ちなどで発祥する脳脊髄液減少症、潜在患者10万人 | トップページ | 言論弾圧の進む中国、香港への宣伝は活発に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8429087

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの救急、公式サイトで判断に目安 小児科学会:

« むち打ちなどで発祥する脳脊髄液減少症、潜在患者10万人 | トップページ | 言論弾圧の進む中国、香港への宣伝は活発に »