« 文化審議会著作権分科会が報告書を承認、iPod課金先送り決定 | トップページ | ニコン、銀塩カメラ事業を縮小へ »

2006年1月15日 (日)

NHK会長、受信料不払いへの罰則に否定的

 NHK会長は、12日の定例会見で受信料不払いに対して罰則を儲けることに対して否定的な発言をしました。
 個人的にはとても賛成できます。NHKは国民の支持が得られてこそのNHKだと思いますので、公的権力で押さえつけるのはデメリットしかないと思いますから。
 とはいうものの、スクランブルやぺーバービュー方式については積極的に議論しても良いと思います。公共放送として放送しないといけないコンテンツと、それ以外は区別しても良いのではないでしょうか?
●関連記事
NHK会長「罰則はそぐわない」 受信料不払い問題(2006年01月13日01時28分)(asahi.com:社会)
受信料不払いに罰則論議、NHK会長は否定的(2006年1月12日21時53分)(エンタメ : YOMIURI ONLINE)
NHK、受信料制度を維持 07年度から増収見込む(2006年01月14日16時12分)(asahi.com:社会)

|

« 文化審議会著作権分科会が報告書を承認、iPod課金先送り決定 | トップページ | ニコン、銀塩カメラ事業を縮小へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8181158

この記事へのトラックバック一覧です: NHK会長、受信料不払いへの罰則に否定的:

« 文化審議会著作権分科会が報告書を承認、iPod課金先送り決定 | トップページ | ニコン、銀塩カメラ事業を縮小へ »