« 量子コンピュータと量子暗号技術に応用可能な技術 | トップページ | NHK会長、受信料不払いへの罰則に否定的 »

2006年1月15日 (日)

文化審議会著作権分科会が報告書を承認、iPod課金先送り決定

 著作権者本人や利用するユーザのことを考慮した内容になって欲しいですが、、、コンテンツ提供業者と機器メーカの綱引きばかりが目について正直ウンザリ気味です(..;)
●関連記事
iPod課金は先送りに決定--文化審議会著作権分科会が報告書を承認(2006/01/12 23:08)(CNET Japan)
●関連BLOG
著作権問題の解決も当事者不在になりつつあるような(2006/01/13 01:3)(西正が贈るメディア情報:ITmedia +D Blog)

|

« 量子コンピュータと量子暗号技術に応用可能な技術 | トップページ | NHK会長、受信料不払いへの罰則に否定的 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8180731

この記事へのトラックバック一覧です: 文化審議会著作権分科会が報告書を承認、iPod課金先送り決定:

« 量子コンピュータと量子暗号技術に応用可能な技術 | トップページ | NHK会長、受信料不払いへの罰則に否定的 »