« ALOS / H-IIA F8、天候悪化のため打上げ日未定、S-310-36号機の打上げも20日に延期 | トップページ | ALOS / H-IIA F8の打上げ1月23日に、S-310-36号機の打上げも22日に延期 »

2006年1月21日 (土)

BSE問題、米国牛の輸入の問題は米国の無理解

 20日、米国から輸入した牛肉から、除去されていなくてはいけない脊柱が混入していたとのことで、米国産牛肉の輸入を全面禁止としました。
 本来なら、その肉を加工した工場のみ輸入禁止とするルールですが、再開後間もないことから緊急の対策として全面禁止に踏み切ったようです。

 日本政府の全面禁止対応は良いと思いますが、そもそも輸入再開が妥当だったのか?という責任問題になりそうですね。

 いやまぁ、混入した原因が、米国の検査担当者が対日輸出の基本ルール(危険部位除去など)すら知らなかったなんて。。。あまつさえ、米国のルールが世界標準となり日本は従うべきなんて意見が出ること自体、驕っているなぁ。

P.S.
 以前、輸入再開したとき1年は様子見で半年過ぎた頃が危険かな?と書いていましたが、それ以前の問題でした、ビックリです。
●関連URL
「牛海綿状脳症(BSE)関係」ホームページ(Q&Aなど)(厚生労働省)
●関連特集記事
「BSE特集」(NIKKEI NET)
特集:BSE問題(asahi.com)
BSE(牛海綿状脳症)(YOMIURI ONLINE)
BSE(MSN-Mainichi INTERACTIVE)
「BSE」 関連記事を検索(Sankei Web)
●関連記事
○CNN.co.jp
米国産の輸入牛肉に危険部位混入か、再度輸入禁止に(2006.01.20 21:01 JST)(CNN.co.jpビジネス)
牛肉に危険部位混入、検査欠陥認める 米農務長官(2006.01.21 13:00 JST)(CNN.co.jpビジネス)
米国産牛肉輸入を全面停止-成田で危険部位混入が発覚(2006.01.20)(サンスポ.COM 社会)

|

« ALOS / H-IIA F8、天候悪化のため打上げ日未定、S-310-36号機の打上げも20日に延期 | トップページ | ALOS / H-IIA F8の打上げ1月23日に、S-310-36号機の打上げも22日に延期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8263259

この記事へのトラックバック一覧です: BSE問題、米国牛の輸入の問題は米国の無理解:

» 米産牛肉再び輸入停止 [斜46°]
{/hiyo_ang1/}そやけどアホなことしてくれよったもんやで。せっかく苦労して輸入再開にまで持ち込んだのに、水の泡やんけ。ほんま腹立で、しかし。 {/face_kaze/}そやな。うっとこの検査官が、日本向けの輸出基準をよう知らんかったらしいで。もっとキッチリせんとあかんワな。 {/hiyo_ang1/}ちゃうちゃう。ちゃうがな。 ワシが腹立つんはアメリカの検査官ちゃうねん。牛肉に背骨見つけよった日本の検査官�... [続きを読む]

受信: 2006年1月21日 (土) 16時15分

» BSE問題・・・攻撃すべき順序 [長尾たかしの・・・未来へのメッセージ]
アメリカの食肉業者社長は、特定危険部位が含まれる牛肉を日本に輸出してしまったのは、輸出条件の誤解が事態を引き起こしたとの声明を出している。輸出基準を十分に理解していなかったことが原因である。つまり、アメリカの責任である。 ところが、 ----- 政府が輸入再開を決めてからわずか1カ月で、安全確保のための輸入の前提条件が大きく揺らいだことになり「見切り発車」との声もある中で再開に踏み切った判断の妥当性が厳しく問�... [続きを読む]

受信: 2006年1月21日 (土) 16時41分

« ALOS / H-IIA F8、天候悪化のため打上げ日未定、S-310-36号機の打上げも20日に延期 | トップページ | ALOS / H-IIA F8の打上げ1月23日に、S-310-36号機の打上げも22日に延期 »