« 富士重、戦闘ヘリコプターAH-64Dの初飛行成功 | トップページ | EU、旧ソ連ベラルーシに衛星ニュース配信 »

2006年1月29日 (日)

1985年墜落した日航123便の残骸を2006年04月より一般公開へ

 日本航空は、123便の残存機体を羽田空港近くにある「安全啓発センター」で一般公開することを発表しました。現在は社員教育用に利用されています。
 123便だけでなくその他の墜落事故の情報なども展示するとのこと。
 現状では予約制を予定しているとのこと。
 また、全日空も1971年07月雫石事故の残存機体を展示する施設を設置予定とのこと。
●関連記事
日航ジャンボ機事故の機体を4月公開 羽田に啓発施設(01/27 20:37)(Sankei Web 社会)
墜落した日航123便、一般公開へ 4月から羽田で(2006年01月27日18時37分)(asahi.com:社会)
●関連URL
日本航空
ANA 全日空

|

« 富士重、戦闘ヘリコプターAH-64Dの初飛行成功 | トップページ | EU、旧ソ連ベラルーシに衛星ニュース配信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8406616

この記事へのトラックバック一覧です: 1985年墜落した日航123便の残骸を2006年04月より一般公開へ:

« 富士重、戦闘ヘリコプターAH-64Dの初飛行成功 | トップページ | EU、旧ソ連ベラルーシに衛星ニュース配信 »