« 新日本石油、家庭向け灯油燃料電池システム「ENEOS ECOBOY」3月より発売 | トップページ | 複数RSSフィードを集約して再配信「MixFeed」 »

2005年12月 6日 (火)

「プッシュトゥトーク」とクルマの相性

 プッシュトゥトーク、海外では凄い人気のサービスらしいですが、メールが広まっている日本では正直何処まで普及するのか疑問視されています。正直私も、無線やトランシーバの様な会話が今の携帯を利用しているユーザに受け入れられるのか気になっていました。
 多人数と話せるというのも、NTTが以前サービスとして提供していましたが利用率が低く止めてしまいましたし。。

 しかし、車での利用はアマチュア無線や業務用の無線を利用する必要が無く、会話は常に一方向と(安全線に問題があるにしろ実績のある)通話形式を取れることから、低価格なのと複数人にとの会話が可能なことから導入が一気に進むかもしれませんね。
# ハンズフリーの通話装置が必須なのは当然ですが、上手い発信方法も必要ですね。業務用の携帯用アダプタとか出来るかな?

 で、、そのハンズフリーですが、普及していませんね。原因は単にドライバーの怠慢。。。
●関連記事
「プッシュトゥトーク」はクルマにとって救世主となるか?(2005年12月4日)(Response.)
道交法改正から1年、ドライバーの習慣となったか!? ハンズフリー利用(2005年12月5日 12:00)(Japan.internet.com デイリーリサーチ)

|

« 新日本石油、家庭向け灯油燃料電池システム「ENEOS ECOBOY」3月より発売 | トップページ | 複数RSSフィードを集約して再配信「MixFeed」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/7489000

この記事へのトラックバック一覧です: 「プッシュトゥトーク」とクルマの相性:

« 新日本石油、家庭向け灯油燃料電池システム「ENEOS ECOBOY」3月より発売 | トップページ | 複数RSSフィードを集約して再配信「MixFeed」 »