« 欧州宇宙機関ESA「ガリレオ計画」の衛星第1号「Giove A」打上成功 | トップページ | Windows WMF形式ファイルに深刻な脆弱性 »

2005年12月29日 (木)

クジラの座礁増加は、増えすぎが影響?

 座礁したクジラの救助や死体の処理で自治体などにかなりの負担が掛っているとのこと。水産庁では増えている種ならば食用も可能だそうですが、食品への転用は未だ実例はない模様。

 どんなに増えすぎても、捕鯨反対派の人にとっては無関係なんでしょうね。救助しろと言うだけで。。
 それは兎も角、クジラの座礁が世界的に増加している事と、数量が増加していることについての因果関係はデータに乏しいので何とも言えないのでは、調査捕鯨を増やす必要はないと思いますが、もっとクジラの数量や行動について調査を進める必要があると思います。
 あと、座礁したクジラは座礁理由がハッキリしないと食べるのは怖いです。BSEみたいな病気かもしれないし。
●関連記事
クジラ 相次ぐ座礁、昨年123頭 背景に増え過ぎ?(12/28 18:50)(Sankei Web 社会)
●関連URL
独立行政法人 水産総合研究センター

|

« 欧州宇宙機関ESA「ガリレオ計画」の衛星第1号「Giove A」打上成功 | トップページ | Windows WMF形式ファイルに深刻な脆弱性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/7883735

この記事へのトラックバック一覧です: クジラの座礁増加は、増えすぎが影響?:

« 欧州宇宙機関ESA「ガリレオ計画」の衛星第1号「Giove A」打上成功 | トップページ | Windows WMF形式ファイルに深刻な脆弱性 »