« 「DivX Player」ベータ版「Radium」公開 | トップページ | SONY BMGのrootkit問題、オンライン削除ツールに深刻な脆弱性 »

2005年11月16日 (水)

電車の安全運転義務

 電車の車掌と運転手の業務不履行による懲戒解雇の記事が連続したので、メモ。
 JR東日本の車掌が乗務中に運転台や車窓風景を撮影、自身のWebサイトに掲載していたという問題。2001年~2004年にかけて行われ、2004年03月に懲戒解雇となっことのこと。
(業務中に感じたことを日記に書いて公開していたそうですが、こちらは問題にはされなかった模様)
 もう一つが、東武鉄道の運転士が自身の長男(3歳)を運転室に入れたまま運行を行った問題。2005年11月15日に懲戒解雇を通告。こちらは、11月10日に処分について報道がされた?ことから、一般から養護する意見が多数(2000件近く)出されたそうです。

 実際、安全性にどの程度影響していたのかは判りませんが、個人的には(厳しいと思いますが)妥当な処分だと思います。
 事故が発生していないから厳しい処分に見えますが、両名とも乗客の安全(=命)を危険に晒してしまっています。これで甘い処分をしてしまったら、潜在的に事故の要因を抱えることになり、運行会社は安全管理義務を果たせなく成ってしまうのではないかなぁ。

 普段、通勤で電車を使っている身としては、車掌が風景を撮影しているのは不快には思いますが、それまで。しかし、子供が運転室に居る状況で運行されていると成ったら、その電車には恐ろしくて乗れません。
●関連記事
「運転室に長男」の運転士、東武が解雇通告 意見2千件(2005年11月16日08時26分)(asahi.com:社会)
運転室に長男入れた東武運転士、懲戒解雇を通知(2005年11月16日11時57分)(社会 : YOMIURI ONLINE)

乗務中に運転台撮影、新幹線車掌を懲戒解雇 JR東日本(2005年11月15日13時35分)(asahi.com:社会)
新幹線車掌が乗務中に風景写真を撮影-通報で発覚し解雇へ(2005.11.16)(SANSPO.COM-社会)
●関連URL
TOBU GROUP(東武鉄道)
JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社 -

|

« 「DivX Player」ベータ版「Radium」公開 | トップページ | SONY BMGのrootkit問題、オンライン削除ツールに深刻な脆弱性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/7145084

この記事へのトラックバック一覧です: 電車の安全運転義務:

« 「DivX Player」ベータ版「Radium」公開 | トップページ | SONY BMGのrootkit問題、オンライン削除ツールに深刻な脆弱性 »