« 中部地方の高速道路凍結情報サイト「ユキイロドットコム」 | トップページ | 再現されたスペイン風邪ウイルス、生物兵器転用の恐れがある「指定病原体リスト」に登録されていた »

2005年11月27日 (日)

松浦晋也さんの宇宙開発に関するコラム

 5回シリーズの内、最終回5回目。
 最終回は、今後予想される有人宇宙旅行の、国際協力。日本とNASAまたはロシア、もしかしたらEUと、その中、日本がどうするべきか考察されています。
●関連記事
第5回 慎重に考えるべき米ロとの国際協力(2005年11月25日)(nikkeibp.jp)
第4回 古い信頼性基準が生む日本の宇宙開発の高コスト構造(2005年11月22日)(nikkeibp.jp)
第3回 運用予算で日本の宇宙開発は破綻か(2005年11月18日)(nikkeibp.jp)
第2回 打ち上げられても無用の負担となる可能性あり(2005年11月16日)(nikkeibp.jp)
第1回 打ち上げはスペースシャトルの運行回数次第(2005年11月11日)(nikkeibp.jp)
●関連URL
松浦晋也のL/D

|

« 中部地方の高速道路凍結情報サイト「ユキイロドットコム」 | トップページ | 再現されたスペイン風邪ウイルス、生物兵器転用の恐れがある「指定病原体リスト」に登録されていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/7351720

この記事へのトラックバック一覧です: 松浦晋也さんの宇宙開発に関するコラム:

« 中部地方の高速道路凍結情報サイト「ユキイロドットコム」 | トップページ | 再現されたスペイン風邪ウイルス、生物兵器転用の恐れがある「指定病原体リスト」に登録されていた »