« 航空乗務員の宇宙線被ばく量、管理目標値を設定 | トップページ | 大都市圏の鉄道会社、エキナカの商業利用の活発化 »

2005年11月30日 (水)

ロングフライト血栓症(エコノミー症候群)の日本人の大規模実態調査実施へ

 日本旅行医学会は、日本人旅行客のロングフライト血栓症に発病したケースの実態調査を開始するそうです。

 エコノミー症候群という名称が変わったのは知っていましたが、ロングフライト血栓症となったのか。。
 別に、飛行機でなくても発生しうる症例なので、フライトという言葉が入るのは一寸違和感があります。
●関連記事
ロングフライト血栓症、大規模な実態調査を実施へ(2005年11月28日19時40分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
日本旅行医学会

|

« 航空乗務員の宇宙線被ばく量、管理目標値を設定 | トップページ | 大都市圏の鉄道会社、エキナカの商業利用の活発化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/7390978

この記事へのトラックバック一覧です: ロングフライト血栓症(エコノミー症候群)の日本人の大規模実態調査実施へ:

« 航空乗務員の宇宙線被ばく量、管理目標値を設定 | トップページ | 大都市圏の鉄道会社、エキナカの商業利用の活発化 »