« マイクロソフト、広告付き無償アプリケーションを計画中? | トップページ | DMV連結車両型が脱線事故 »

2005年11月15日 (火)

保護観察処分中の行方不明者、警察庁も調査協力へ

 保護観察中の仮出所者や執行猶予者が行方不明になった場合、従来は保護観察所が独自に調査していました。が、再犯性への懸念や行方不明者の増加していました。
これに対して、警察庁も所在調査に協力する体制を12月から暫定運用し2006年度からは本格運用するそうです。
 今回少年は対象になっていないとのこと。対象にしない理由がよく分からないですが。。

 個人的には、悪質なケース、再犯の危険の有るケース、凶悪犯罪,性犯罪を起こした犯罪者に関しては、対象者の人権はもっと制限されるべきだと思っています。体内にIDタグを入れて要所要所での行動確認ぐらいしても良いのではないかなぁ?
●関連記事
保護観察:法務省、警察庁が不明対象者を調査(2005年11月15日 12時05分)(MSN毎日インタラクティブ)
所在不明の仮出所者ら、警察が来月から調査に協力(2005年11月15日10時55分)(社会 : YOMIURI ONLINE)
警察庁と法務省、保護観察中の不明者の所在確認で協力(16:21)(NIKKEI NET:社会)
所在不明の保護観察者情報、警察・法務省が共有(2005年11月15日16時31分)(asahi.com:社会)

|

« マイクロソフト、広告付き無償アプリケーションを計画中? | トップページ | DMV連結車両型が脱線事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/7130767

この記事へのトラックバック一覧です: 保護観察処分中の行方不明者、警察庁も調査協力へ:

« マイクロソフト、広告付き無償アプリケーションを計画中? | トップページ | DMV連結車両型が脱線事故 »