« 携帯電話番号の変更無しに会社移動、2006年11月より? | トップページ | 中国、米国大統領直訴の市民を拘束 »

2005年11月24日 (木)

横須賀の次期米国原子力空母、入港時は原子炉停止で米国妥協案?

 原子炉って簡単に止めたり動かしたり出来るもの?ただの待機運転に移動するだけなら何にも意味がない。
動いていないから安心、と言う理屈は原子力に関しては成り立ちませんし。

 現在配備している、通常型空母キティホークからニミッツ級原子力空母ジョージ・ワシントンに2008年に変更されるよていで、日本政府は了承の方向、でも、人口密集地近くに日本が全く管理できないし事故が起きても対応も保証も未定な軍事用原子炉がやってくるというのは住民側にとっては了承しがたい事態です。
●関連記事
原子力空母「横須賀入港中は原子炉停止」(11/23 17:43)(Sankei Web 政治)
市民からの声、7割「反対」/原子力空母配備問題で横須賀市長あて(2005/11/22 10:54:29)(カナロコローカルニュース)

|

« 携帯電話番号の変更無しに会社移動、2006年11月より? | トップページ | 中国、米国大統領直訴の市民を拘束 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/7293154

この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀の次期米国原子力空母、入港時は原子炉停止で米国妥協案?:

« 携帯電話番号の変更無しに会社移動、2006年11月より? | トップページ | 中国、米国大統領直訴の市民を拘束 »