« 南極海の超巨大氷山が割れる | トップページ | ハッブル宇宙望遠鏡、接近中の火星の砂嵐を撮影 »

2005年11月 9日 (水)

NTT結んでも通信できる光ファイバー

 折れては駄目なんでしょうけど、凄いなぁ。
■追記
 自宅で個人が光配線が出来るとなると、家庭内LANを光化することも夢じゃないですね。
●関連記事
結んでも通信できる光ファイバー、NTTが発売へ(2005/11/08 16:26)(ITmediaニュース)
NTT、光配線工事のスキルレス化と工事時間短縮を目指す新ケーブル&キットを開発(2005年11月8日)(ACSII24.com)
NTT、ついに実用化へ、曲げ・折り・結べる光ファイバーケーブル(2005/11/09 11:33)(CNET Japan)
●関連URL
「曲げ」「折り」「結び」が自在にでき接続も簡単な光ファイバコードを世界に先駆けて商用化~専門家でなくても誰でもD.I.Y.感覚で光ファイバの配線が可能な時代に~(2005年11月8日)(NTT ニュースリリース)

|

« 南極海の超巨大氷山が割れる | トップページ | ハッブル宇宙望遠鏡、接近中の火星の砂嵐を撮影 »

コメント

 うちに光ファイバー引いたときに見てましたけど、今のやつも結構ヤバいくらいに巻いてたのでホントにそんな扱いでいいのか驚きました。被服含めて普通の電話線とほとんど変わらないコードなのに室外につけてる保安器?のところでは曲げ半径が10センチもないくらいでぐるぐる巻いて止めてたし。
 室内で先端の加工時も、コード向いたら直径1ミリもあるかないかの中身だし。工作用光ファイバーの半分以下で、これまたもの凄く不安になりました。理屈ではわかってるんですが、被服など音楽用に使われる光端子ケーブルくらいには想像してたので。

 今回の新しい光ケーブルはほんと使い安そうで、通信以外の音楽方面でも普通に売れそうですね。LANケーブルもそのうち光端子になるんかねぇ。

投稿: やずみ | 2005年11月11日 (金) 03時05分

 光ファイバーは基本的に心線の太さき被覆の厚みで折り曲げ半径が決まります。
また、心線は元々非常に細いので、曲げ半径に影響するのは心線の材質と被覆の厚みが支配的でしょう。

 室内のターミナルボックスで曲げたときも、外の線路より被覆が非常に薄いものだと思います。
被服が薄い分、使い勝手は悪いのですが

 音楽用は元々光り端子が有りますが広まっていくのかな?使ったことがないので。
 LANが光化すると通信速度が・・上がるのかな?LANカードのボルトネックもあるので。(通常のPCでは1000Mはシステムに負荷が出てしまう)

 まぁ、一般化するときには何とかなっているのでしょう(^_^;

投稿: 神子秋沙 | 2005年11月13日 (日) 21時16分

 芯線、そらもう細かったですが(1mmもないですね)、ホントあれでよく壊れないな……。

>音楽用は元々光り端子が有りますが広まっていくのかな?使ったことがないので。

 いやもう既に広まってます。というかデジタルオーディオには必須ですし。光端子がないなんて激安CDプレイヤーでもないかぎりありえません。

 オーディオ用のデジタル端子は確か同軸の方が先に出たかと思います。で光が次。初期のデジタルオーディオ器機には同軸端子しかないものもあったようです(見た目は普通のRCA端子と同様)。つか、LDでデジタル音声が使われ始めた初期は同軸端子しかなかったはず。

 棲み分けとしては同軸のほうが高級とされる場合もありますが、理由はよく分かりません。材質などで同軸が高くなるのはわかりますが(モンスターケーブルなどより上の高級オーディオアクセサリのものだと)光ケーブルも高いやつは高い。

 光のほうが損失は少ないはずだけど壊れやすさとか曲げとかでバラツキが出やすいってことかも。メタルだと素材さえしっかりしていれば損失の幅がキッチリするとか。
 使い勝手としては光ケーブルのほうが軽く小さいためポータブル器機やCDラジカセ等によく使われているというのも、光が広まっている理由。同軸がどうにもマニアックに見られがちなのは、付いてる器機が高いほう寄りなのと、安いケーブルがないからか。

投稿: やずみ | 2005年11月21日 (月) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/6988262

この記事へのトラックバック一覧です: NTT結んでも通信できる光ファイバー:

« 南極海の超巨大氷山が割れる | トップページ | ハッブル宇宙望遠鏡、接近中の火星の砂嵐を撮影 »