« ESA、金星探査機を打上 | トップページ | 地球観測衛星ALOS不具合が見つかり年内打上は微妙に? »

2005年11月10日 (木)

JAXA関係

 民生用の部品を使用したオーロラ観測,技術試験衛星(でいいんだっけ?)「れいめい」が当初の目標を完了したそうです。
 民生用の部品を使用していると言うことで寿命がどうなるのかと思っていましたが現状特に不具合は出ていないとのこと。
 今後は、特性の寿命やらのモニターを続けつつ、オーロラの観測などを続けるそうで、長く運用できるといいですね。

 H-IIAロケットは8号機の準備が順調に続いているようです。また、ひまわり6号のバックアップになる運輸多目的衛星新2号(MTSAT-2)を打上げる9号機の準備も進んでいるのかな?
●関連URL
「れいめい」の現状と今後の予定(平成17年11月9日)(宇宙航空研究開発機構 | JAXA)
H-IIAロケット8号機 極低温点検の実施について(平成17年11月9日)(宇宙航空研究開発機構 | JAXA)
平成17年度
ロケット受託打上げ及び追跡管制支援計画書 (案)
(平成17年11月9日)(宇宙航空研究開発機構 | JAXA)

|

« ESA、金星探査機を打上 | トップページ | 地球観測衛星ALOS不具合が見つかり年内打上は微妙に? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/7009737

この記事へのトラックバック一覧です: JAXA関係:

« ESA、金星探査機を打上 | トップページ | 地球観測衛星ALOS不具合が見つかり年内打上は微妙に? »