« トルコが国際協定無視し過剰漁獲、ヨーカ堂は取り扱い中止へ | トップページ | JR東海道線「湘南電車」が2006年春引退 »

2005年11月22日 (火)

路上喫煙「罰金」含む条例、2006年4月施行へ向け提案へ

 もともと川崎駅周辺などは、マナーの啓蒙が目的の「ポイ捨て禁止条例」が適用されていました。が、それ以外に、「路上喫煙防止条例」案を作成し、過料の徴収を含む罰則規定を設けるとのこと。
 また「ポイ捨て禁止条例」も路上喫煙防止条例の作成に合わせて改正し、過料の徴収が行えるように見直すとのこと。

 今回注目なのは、路上での喫煙を、煙害や迷惑行為ではなく、やけどなどを起こす危険行為としている点ですね。

 川崎駅近辺を通勤で歩いていると、人混みの中でも平然と歩きタバコをする人を多く見かけます。そこまでして吸わないといられないほどニコチン依存症が酷いのでしたら、是非とも病院で検査を受けて欲しいです。2006年04月には保険の適用がされるのですしね。
●関連記事
路上喫煙防止へ「罰金」含む条例案/川崎市(2005/11/21 21:37:08)(カナロコ ローカルニュース)

|

« トルコが国際協定無視し過剰漁獲、ヨーカ堂は取り扱い中止へ | トップページ | JR東海道線「湘南電車」が2006年春引退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/7270123

この記事へのトラックバック一覧です: 路上喫煙「罰金」含む条例、2006年4月施行へ向け提案へ:

» 川崎市で路上喫煙防止へ「罰金」含む条例案を提案!! [神奈川密着!!地域密着型ブログ・ほしぞらの観える街]
こちらも昨日22日(火)の{/pen/}神奈川新聞トップ《1面》から 『カナロコ・路上喫煙防止へ「罰金」含む条例案/川崎市』 という気になる記事を見つけました。記事によると、 “川崎市は21日、路上喫煙防止条例案を作成、 12月定例会に提案すると発表した。他の歩行者へのやけどなどの 危険回避を目的に、過料による罰則規定を設けた。 2006年4月の施行で、同10月からは違反者への過料 (刑事案件の罰金に相当)の徴収に踏み切る。 県内では初めてで、過料額は2... [続きを読む]

受信: 2005年11月23日 (水) 00時01分

« トルコが国際協定無視し過剰漁獲、ヨーカ堂は取り扱い中止へ | トップページ | JR東海道線「湘南電車」が2006年春引退 »