« オラクルDBへの概念実証攻撃コードが公開 | トップページ | セキュリティ対策ソフトの裏をかくマジックバイト問題、メーカは脆弱性ではないと主張 »

2005年11月 6日 (日)

シマンテック11月1日に2005年のマルウェアの分析を発表

 より組織的、金銭などの営利目的、そして、脆弱性の発見から攻撃コードの出現までの間隔がほとんど無くなってしまっていますね。
●関連記事
シマンテック、2005年のマルウェアの動向を振り返る記者説明会を開催――金銭/個人情報詐取を目的とするケースが増加(2005年11月1日)(ASCII24.com)
「マルウェアのコミュニティ形成」シマンテック分析--ボットもオープンソースに(2005/11/01 22:26)(CNET Japan)

|

« オラクルDBへの概念実証攻撃コードが公開 | トップページ | セキュリティ対策ソフトの裏をかくマジックバイト問題、メーカは脆弱性ではないと主張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/6923884

この記事へのトラックバック一覧です: シマンテック11月1日に2005年のマルウェアの分析を発表:

« オラクルDBへの概念実証攻撃コードが公開 | トップページ | セキュリティ対策ソフトの裏をかくマジックバイト問題、メーカは脆弱性ではないと主張 »