« 国連安保理で、常任理事国の拒否権乱用に歯止めの決議案提出 | トップページ | 検察庁が有害ネット自動監視システムを構築へ »

2005年10月24日 (月)

マイクロソフト、Windows2000で10月の定例パッチが適用できていない場合が発生

 個別にパッチを選択してインストールしているユーザに発生する可能性があるとのこと。とはいえ、こういう更新をする人は正しく適用されているのか確認するでしょうから適用されないことは判ると思います、、たぶん。
 普通の自動更新やMicrosoftUpdateを使用している人は影響を受けないので心配は少ないでしょうか。
●関連記事
MS、10月の月例パッチでまた問題--「緊急」レベルの脆弱性を修正できない場合が発生(2005/10/21 12:20)(CNET Japan)

|

« 国連安保理で、常任理事国の拒否権乱用に歯止めの決議案提出 | トップページ | 検察庁が有害ネット自動監視システムを構築へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/6552780

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロソフト、Windows2000で10月の定例パッチが適用できていない場合が発生:

» Re:10月のWindows Updateを失敗する [酒乱!net]
先日の件だが未だにインストールできない。 もっともインストール出来ないのはDir [続きを読む]

受信: 2005年10月25日 (火) 11時01分

« 国連安保理で、常任理事国の拒否権乱用に歯止めの決議案提出 | トップページ | 検察庁が有害ネット自動監視システムを構築へ »