« 素粒子ニュートリノ発生装置が2004年11月に故障、2005年10月23日に発覚 | トップページ | 日本、米国の核物質管理構想に参加へ »

2005年10月24日 (月)

大型放射光施設「SPring-8」でダイオキシン発生触媒のメカニズムを解明

 ゴミ焼却炉などで発生する煤塵をSPring-8で分析し、ダイオキシンの発生メカニズムを解明したそうです。いままでは詳細な仕組みが不明だったとのこと。

 詳細な発生プロセスが判明したことでダイオキシン発生を抑制する方法が見つかるかもしれませんね。
●関連記事
ダイオキシン:発生触媒のメカニズムを解明 京大(2005年10月23日 19時56分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 科学)
●関連URL
大型放射光施設(SPring-8)

|

« 素粒子ニュートリノ発生装置が2004年11月に故障、2005年10月23日に発覚 | トップページ | 日本、米国の核物質管理構想に参加へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/6553302

この記事へのトラックバック一覧です: 大型放射光施設「SPring-8」でダイオキシン発生触媒のメカニズムを解明:

« 素粒子ニュートリノ発生装置が2004年11月に故障、2005年10月23日に発覚 | トップページ | 日本、米国の核物質管理構想に参加へ »