« 風邪予防には「うがい」が一番 | トップページ | デジタルラジオ、2006年開局へ »

2005年10月31日 (月)

米牛肉年内輸入再開、ただし条件はきつめ

 で、年内に米国産牛肉の輸入再開したとしても、半年ぐらい、いや一年は様子見しないと不安ですね。
 っか、全然安心できないし・・。
●関連記事
米牛肉を年内輸入再開へ、安全委容認…若い牛など条件(2005年10月31日13時48分)(済・マネー : YOMIURI ONLINE)
米産牛肉、年内にも輸入再開へ・食品安全委が答申案(13:31)(NIKKEI NET:主要)
米牛肉輸入:プリオン専門調が基本合意 再開手続き開始へ(2005年10月31日 12時14分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE)
米国産牛肉、12月にも輸入再開へ 食品安全委の答申案(2005年10月31日12時57分)(asahi.com:政治)
●関連URL
食品安全委員会:プリオン専門調査会

|

« 風邪予防には「うがい」が一番 | トップページ | デジタルラジオ、2006年開局へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/6800036

この記事へのトラックバック一覧です: 米牛肉年内輸入再開、ただし条件はきつめ:

» 【牛に鶏糞】鶏糞への肉骨粉混入率を30%程度とFDA要官見積(=年間30万トン?) [BSE&食と感染症 つぶやきブログ]
■【牛に鶏糞】鶏糞への肉骨粉混入率を30%程度とFDA要官が見積(=年間30万トンの肉骨粉が牛へ?) 牛への鶏糞ごみ飼料=poultry litter について、全国食健連が主催したBSE講演会のジョン・スタウバーさんの資料に以下の件がありましたので、転載させていただきます。 >毎年約100万トンの鶏の糞尿が牛に与えられている。鶏舎の床などから掃き集めるため、これに肉骨粉入りの飼料が混入している可能性は大きい。F... [続きを読む]

受信: 2005年11月 1日 (火) 23時25分

« 風邪予防には「うがい」が一番 | トップページ | デジタルラジオ、2006年開局へ »