« 検察庁が有害ネット自動監視システムを構築へ | トップページ | 素粒子ニュートリノ発生装置が2004年11月に故障、2005年10月23日に発覚 »

2005年10月24日 (月)

NASAスペースシャトル飛行回数を更に削減の検討

 グリフィンNASA長官が飛行回数の削減検討を担当教区に対して指示したとのこと。

 打上回数を2010年まで値計19回という削減案を提示したばかりのNASAですが、次の打上が安全対策やハリケーンの影響で2006年05月以降、また、2007年度の予算上の問題で打上回数の維持が難しくなったのが原因のよう。
 年間の打上回数が維持できない以上、退役を先延ばしするか、そもそもISS(国際宇宙ステーション)関係の施設の打ち上げを止めてしまうのか。
●関連記事
シャトル飛行回数さらに削減、NASA長官が検討指示(2005年10月22日14時30分)(科学 : YOMIURI ONLINE)

|

« 検察庁が有害ネット自動監視システムを構築へ | トップページ | 素粒子ニュートリノ発生装置が2004年11月に故障、2005年10月23日に発覚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/6553152

この記事へのトラックバック一覧です: NASAスペースシャトル飛行回数を更に削減の検討:

« 検察庁が有害ネット自動監視システムを構築へ | トップページ | 素粒子ニュートリノ発生装置が2004年11月に故障、2005年10月23日に発覚 »