« 国際宇宙会議(福岡開催中)で、ISSきぼうモジュールの早期打ち上げ要請 | トップページ | グーグル・アースの地図画像に各国が懸念表明 »

2005年10月19日 (水)

米国から輸入したアルミ スクラップに劣化ウラン塊

 アルミ合金の製造会社「生野株式会社」(兵庫県朝来市)の倉庫で、米国から輸入したアルミ スクラップの中から、劣化ウランの塊40kgが見つかったとのこと。
 外部への放射線量は一般環境と同じなので問題ないとしていてそのまま保管しているようですが、立派な核燃料物質ですし核燃料廃棄物なんですから・・・

 一体何処でどうやって紛れたのだか。
●関連記事
劣化ウラン:兵庫の金属工場で40キロ発見 文科省(2005年10月17日 20時49分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 科学)
●関連URL
核燃料物質とみられる物質の発見について(PDF:69KB)(2005年10月18日)(文部科学省)

|

« 国際宇宙会議(福岡開催中)で、ISSきぼうモジュールの早期打ち上げ要請 | トップページ | グーグル・アースの地図画像に各国が懸念表明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/6467884

この記事へのトラックバック一覧です: 米国から輸入したアルミ スクラップに劣化ウラン塊:

« 国際宇宙会議(福岡開催中)で、ISSきぼうモジュールの早期打ち上げ要請 | トップページ | グーグル・アースの地図画像に各国が懸念表明 »