« 探査機はやぶさ、11月12日小惑星イトカワに着陸へ | トップページ | 安全設備のない電動バイクを電動アシスト自転車として販売した業者が摘発される »

2005年10月28日 (金)

2008年度中にたばこ自販機で未成年者対策の喫煙者カード導入へ

 どうせならタバコの自動販売機を止めてしまう、という選択肢は無いんですね。。。

 何のことはない、一種のプリペイドカードじゃないか。個人の購入記録とか取られてしまうのかな?
●関連記事
たばこ自販機:未成年者対策で喫煙者カード導入へ(2005年10月27日 20時23分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE)
たばこ自販機、ICカードで成人識別 全面切り替えへ(2005年10月28日05時53分)(asahi.com:暮らし)
●関連URL
社団法人 日本たばこ協会
○全国たばこ販売協同組合連合会
日本自動販売機工業会

|

« 探査機はやぶさ、11月12日小惑星イトカワに着陸へ | トップページ | 安全設備のない電動バイクを電動アシスト自転車として販売した業者が摘発される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/6695717

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年度中にたばこ自販機で未成年者対策の喫煙者カード導入へ:

» たばこ自販機IC化の本当の狙いとは [かきなぐりプレス]
高校生の喫煙率が下がっている。なのにたばこ協会は未成年者へたばこを販売しないために、900億の経費をかけて全国のたばこ自販機をICカード化する。この問題で本当の狙いをふと考えてみた。 これ、未成年の販売対策という建前の裏で、本当はもっと別な使い道を考えているような気がしてならない。 昨日は、自販機メーカを儲けさせるためかと思っていたが、そんな単純な話ではないような気がする。 ICカードには個人データが入っているわけで、これでいつ、何時、どこの自販機で、誰が、どの銘柄のたばこを買った... [続きを読む]

受信: 2005年10月29日 (土) 07時11分

« 探査機はやぶさ、11月12日小惑星イトカワに着陸へ | トップページ | 安全設備のない電動バイクを電動アシスト自転車として販売した業者が摘発される »