« エチゼンクラゲ | トップページ | 駅で顔認証による危険人物発見システムの実証実験 »

2005年10月16日 (日)

10月の定例Windowsパッチで不具合の可能性

 デフォルトのWindowsアクセス権で、特定のディレクトリへの設定を変更しているPCで、不具合が発生するそうです。
 "既定の%windir%\registration ディレクトリ"へのアクセス権なので、普通に利用している人は多分影響が出ることは少ないですが、企業や複数ユーザ向けにシステムを変更している方は注意して確認した方が良いですね。
 解決方法はマイクロソフトのサイトに記載されています。

 私のシステムでは、、昔、Webシステムを開発していたマシンが該当しました。
念のため確認だけはした方が良いですね。
●関連記事
Windowsの修正パッチに不具合--一部のPCで問題発生(2005/10/17 10:19)(CNET Japan)
12日公開のMS月例パッチ“MS05-051”適用により一部環境で重大な不具合が発生(05/10/17 12:35)(窓の杜)
Windows修正パッチの不具合、PCのセキュリティ強化で被害の可能性(2005/10/18 11:34)(CNET Japan)
●関連URL
COM と MS DTC に Microsoft セキュリティ情報 MS05-051 をインストールした後に、既定の%windir%\registration ディレクトリのアクセス アクセス制御リスト許可を変更したシステムでさまざまな問題が発生します。(2005年10月15日)(マイクロソフト)
緊急パッチMS05-051にPCへ障害をおよぼすバグ(Sunday October 16, @05:55PM)(/.J)

|

« エチゼンクラゲ | トップページ | 駅で顔認証による危険人物発見システムの実証実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/6429823

この記事へのトラックバック一覧です: 10月の定例Windowsパッチで不具合の可能性:

« エチゼンクラゲ | トップページ | 駅で顔認証による危険人物発見システムの実証実験 »