« ホンダから次世代ITS対応な先進安全研究車「Honda ASV-3」 | トップページ | エチゼンクラゲをピアノ線でブッタ切れ! »

2005年9月 6日 (火)

自治体のWebサイトのアクセシビリティの調査結果が発表

 ユニバーサルワークスというWebサイト調査・制作・保守を行っている会社が、全国自治体のWebサイトのアクセシビリティを発表しました。
# 当然ですが、会社のCMという側面がありますのでその辺は留意しておく必要があります。

 結果は・・まぁ、こんなもんだと思います。

 アクセシビリティといってもピンとこないですが、「色々な人に対しての使い易さ,分かり易さ」だと思えばいいと思います。
 たとえば高齢者では専門用語や文字の大きさ、操作方法などを考慮しないといけないですし、視覚障害がある人は、テキストベースの表示や音声読み上げソフト対応を考慮しなくてはいけません。

 実際のところ、こういう事に考慮しなくてはいけない(する必要がある)ということを知っている、Webサイトを作りたいと思っている人は少ないですし、Webサイト制作者も見た目の効果がない非常に地味で手間のかかるアクセシビリティに関しては(お金にならないので)興味を示しては居ないんじゃないかと思います。

 個人のサイトも本来は考慮するべき何ですが・・ブログのように有る程度アクセシビリティに配慮したHTMLを自動生成してくれる仕組みを利用するのが今の流行で一番簡単なのでしょうか?
 自力で作成する場合は、富士通などが提供しているツールを活用するか、WebオーサリングソフトのDeramwerverなどではplug-inなどでアクセシビリティに考慮されたサイトを作る補助ツールが提供されています。
●関連記事
あなたの街の Web アクセシビリティは? ユニバーサルワークスの自治体サイト調査(2005年9月2日)(Japan.internet.com ニュース)
●関連URL
ユニバーサルワークス
「Web アクセシビリティ調査」調査結果(都道府県編)
「Web アクセシビリティ調査」調査結果(全国14政令指定都市編)
アクセシビリティコラム29「自治体サイトWebアクセシビリティ調査2005を終えて(上)」(2005年9月1日)()
アクセシビリティ(富士通)
富士通アクセシビリティ・アシスタンス(富士通)
アクセシビリティ拡張機能JIS対応版(マクロメディア Dreamweaver デベロッパーセンター)

|

« ホンダから次世代ITS対応な先進安全研究車「Honda ASV-3」 | トップページ | エチゼンクラゲをピアノ線でブッタ切れ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5809470

この記事へのトラックバック一覧です: 自治体のWebサイトのアクセシビリティの調査結果が発表:

« ホンダから次世代ITS対応な先進安全研究車「Honda ASV-3」 | トップページ | エチゼンクラゲをピアノ線でブッタ切れ! »