« 気象衛星「ひまわり6号」6時間ほど観測休止のトラブル | トップページ | マウス実験で、ナノ粒子が母体から胎児の脳に蓄積 »

2005年9月26日 (月)

コウノトリ自然放鳥

 2005年09月24日、5匹のコウノトリは無事に自然放鳥されました。
 コウノトリの郷公園近辺に留まっているようですが、元々住んでいた場所から移動するのは時間が掛かるのでしょう。未だ始まったばかりですからね。

 コウノトリと共存できる環境を維持・拡張できるのか、適切な関係を維持できるのか人間側の問題が一番気になります。コウノトリを捕獲したいと考える人間も以内とも限らないし・・
●関連記事
放鳥のコウノトリ5羽、水路で魚ついばむ姿も 豊岡(2005年09月26日06時00分)(asahi.com社会)
コウノトリ:人工飼育の5羽 初の自然放鳥 兵庫・豊岡市(2005年9月24日 20時17分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 科学)
コウノトリ:放鳥から1日、飼育地周辺を離れず(2005年9月25日 20時58分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE)
野生に帰れ…コウノトリ5羽を自然放鳥(2005年9月24日21時9分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
(2005年09月26日15時11分)(asahi.com社会)
●関連URL
兵庫県立コウノトリの郷公園

|

« 気象衛星「ひまわり6号」6時間ほど観測休止のトラブル | トップページ | マウス実験で、ナノ粒子が母体から胎児の脳に蓄積 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/6132834

この記事へのトラックバック一覧です: コウノトリ自然放鳥:

« 気象衛星「ひまわり6号」6時間ほど観測休止のトラブル | トップページ | マウス実験で、ナノ粒子が母体から胎児の脳に蓄積 »