« ホンダ、二輪車用エアバッグを開発し2006年発売予定バイクに搭載へ | トップページ | 埼玉県の飼い犬でエキノコックスが確認、北海道以外で初 »

2005年9月11日 (日)

夜食が太る仕組み、体内時計の仕組みが関与

 体内時計を調節するタンパク質が夜間に脂肪酸やコレステロールの合成を促進しているそうです。。
 日本大学の衛生化学研究室、榛葉繁紀 専任講師らの研究で判明したそうです。

 肥満対策として夜食は控えるべきか・・
●関連記事
体内時計:夜遅く食べると太る、仕組み解明 日大グループ(2005年9月9日 15時00分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE)
●関連URL
衛生化学研究室(日本大学薬学部生物薬学科)

|

« ホンダ、二輪車用エアバッグを開発し2006年発売予定バイクに搭載へ | トップページ | 埼玉県の飼い犬でエキノコックスが確認、北海道以外で初 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5898045

この記事へのトラックバック一覧です: 夜食が太る仕組み、体内時計の仕組みが関与:

« ホンダ、二輪車用エアバッグを開発し2006年発売予定バイクに搭載へ | トップページ | 埼玉県の飼い犬でエキノコックスが確認、北海道以外で初 »