« コウノトリ自然放鳥 | トップページ | 昼寝は仕事や勉強の効率が上がる? »

2005年9月26日 (月)

マウス実験で、ナノ粒子が母体から胎児の脳に蓄積

 ディーゼル排ガスを吸わせた妊娠中のマウスの胎児に脳や生殖器官にナノ粒子が蓄積され、一部細胞の壊死が確認されたとのこと。
 ディーゼルの排ガス以外にもナノ粒子を出すものって有るのでしょうか?
●関連記事
ナノ粒子:胎児の脳に物質 母がディーゼル排ガス吸引で(2005年9月26日 10時43分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 科学)
●関連URL
本学教員らのグループの「ディーゼル排ガス」に関する研究を『讀賣新聞/日経新聞』が紹介(2005/09/26)(東京理科大学)
武田研究室ホームページ

|

« コウノトリ自然放鳥 | トップページ | 昼寝は仕事や勉強の効率が上がる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/6132944

この記事へのトラックバック一覧です: マウス実験で、ナノ粒子が母体から胎児の脳に蓄積:

« コウノトリ自然放鳥 | トップページ | 昼寝は仕事や勉強の効率が上がる? »