« ハリケーン「メリッサ」で宇宙関連施設へ被害、2006年3月シャトル「ディスカバリー」遅れの可能性 | トップページ | 個人情報保護、倫理だけでは不十分 »

2005年9月 2日 (金)

国際宇宙ステーション計画、NASAから縮小案発表へ

 国際宇宙ステーション(ISS)の建設計画を大幅縮小する計と、運用計画の見直しを近くNASAより発表される予定とのこと。

 ・・ついに来るのか・・日本モジュール「きぼう」の打上中止が・・?
 個人的に、一部削減したり縮小してどうこうなるとは思えないんで、NASAとしては日本モジュール自体の打上中止を要求してくるんじゃあないかな?
 見返りに、日本人宇宙飛行士の打上回数を増やしてくるのではないかと思いますが、、ここまできたらその方が良いのかなぁ?

●関連記事
国際宇宙ステーション、NASAが近く縮小案発表へ(2005年8月31日14時31分)(科学 : YOMIURI ONLINE)

■追記
 日本モジュールで特徴となっている10mにも及ぶロボットアームを使用した宇宙空間での実験設備が、一番削りやすいんでしょうけど、削った場合、ISSでなければ出来ないこと、というものが無くなってしまう気がします。

 しかし、ISSに日本モジュールを乗っけたいという、かなり無茶な構想が最悪の結果となるのかもしれないのか・・

|

« ハリケーン「メリッサ」で宇宙関連施設へ被害、2006年3月シャトル「ディスカバリー」遅れの可能性 | トップページ | 個人情報保護、倫理だけでは不十分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5756311

この記事へのトラックバック一覧です: 国際宇宙ステーション計画、NASAから縮小案発表へ:

« ハリケーン「メリッサ」で宇宙関連施設へ被害、2006年3月シャトル「ディスカバリー」遅れの可能性 | トップページ | 個人情報保護、倫理だけでは不十分 »