« 更新を再開します | トップページ | Firefox用のGoogleツールバー正式版リリース »

2005年9月26日 (月)

Firefox 1.0.7、Mozilla 1.7.12リリース

 2005年09月20日に公開されました。日本語版は23日に公開されています。Mozilla Suiteの日本語版は未だのようですね。
 国際化ドメインに関する脆弱性など複数の不具合が修正されています。
 Firefoxは、現在日本語版もリリース済み。更新サービスからもアップデートできます。(ただし、フルパッケージをダウンロードしているので、個別にダウンロードして上書きインストールの方が良いと思う・・差分アップデートは1.5から対応予定だそうな)

 余談で、Firefox1.0.x系はキャッシュを解放しない問題があって使い続けるとメモリーを食いつぶしてしまうようです。その対応策を紹介しているブログがありました。(これも、1.5系で解消予定)

 シマンテックがセキュリティ関係について、IEとFirefoxを比較していますが、うーん?今ひとつ不明瞭な印象、参考にはならない感じ。注目度が上がればクラッカーの標的にはなりやすくなるので問題となるのは、脆弱性への対応速度ではないかなぁ?

 一寸深刻なのが、韓国のミサーサイトで配布された韓国版パッケージにトロイの木馬が仕込まれていた物があったという問題、原因は何だろう?
●関連記事
「Firefox 1.0.7」公開、危険度の高いIDN関連の脆弱性などを修正(2005/09/21 15:15)(Impress Internet Watch)
Linux/UNIX用Mozillaにも危険な脆弱性、最新版「1.7.12」で修正(2005/09/22 12:36)(Impress Internet Watch)
シマンテック:「Mozillaブラウザの脆弱性、IEを上回る」(2005/09/20 10:21)(CNET Japan)
Firefoxなどのアップデートが登場--IDN処理関連のバグを修正(2005/09/22 11:01)(CNET Japan)
Mozilla、セキュリティ強化版の『Firefox 1.0.7』を公開(2005年9月22日 14:00)(Japan.internet.com Webテクノロジー)
Firefoxなどの脆弱性をねらう攻撃用コードが公開に(2005/09/26 16:06)(CNET Japan)
脆弱性修正した「Firefox 1.0.7」日本語版も公開(2005/09/26 13:23)(ITmediaニュース)
韓国語版MozillaとThunderbirdにトロイの木馬、米SANSが警告(2005/09/26 19:44)(Impress INTERNET Watch)
報告された弱点と実際のセキュリティはFirefoxの優位性を示している(2005年9月23日(金))(japan.linux.com)
●関連URL
Firefox(Mozilla Japan)
Mozilla Suite(Mozilla Japan)
Firefox(Mozilla.org)(英語)
Mozilla Suite(Mozilla.org)(英語)
●関連blog
Firefox 1.0系 はメモリを解放しない?(September 8, 2005 08:00 AM)(アメリカでがんばりましょう)

|

« 更新を再開します | トップページ | Firefox用のGoogleツールバー正式版リリース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/6131979

この記事へのトラックバック一覧です: Firefox 1.0.7、Mozilla 1.7.12リリース:

« 更新を再開します | トップページ | Firefox用のGoogleツールバー正式版リリース »