« 人工繁殖のコウノトリ9月24日、自然放鳥 | トップページ | 男性太りすぎの断線は大腸がんのリスクが高い »

2005年9月11日 (日)

BSE等の原因となる異常プリオン、小粒ほど危険

 米国立アレルギー感染症研究所のチームが見つけたそうです。
 従来は大きい粒の物を破壊して小さくするような研究がされていたそうですが、むしろ逆効果になる可能性があるとのこと。
 異常プリオンって本当になんだかよく判らないです。
●関連記事
異常プリオン:小粒ほど危険 米アレルギー感染症研が確認(2005年9月8日 2時00分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 科学)

|

« 人工繁殖のコウノトリ9月24日、自然放鳥 | トップページ | 男性太りすぎの断線は大腸がんのリスクが高い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5897218

この記事へのトラックバック一覧です: BSE等の原因となる異常プリオン、小粒ほど危険:

« 人工繁殖のコウノトリ9月24日、自然放鳥 | トップページ | 男性太りすぎの断線は大腸がんのリスクが高い »