« 新宿西口地下広場での募金全面禁止中 | トップページ | 中国、江陵汽車の四輪駆動車「陸風」がドイツ自動車連盟の安全性テストで星ゼロ »

2005年9月29日 (木)

米国のBSE検査は日本より劣る、輸入再開は早くても12月以降に

 一部の食肉処理は日本よりも安全であるとするなど、非常に公平で科学的に審議しているようです。
 でも、米国側の理屈は食肉業界の圧力で科学的な理由なんて関係ないでしょうからねぇ。。米国の圧力に屈しずに頑張って欲しいです。
●関連記事
BSE検査:米、日本より劣る、輸入再開12月以降に(2005年9月26日 23時38分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 科学)
●関連URL
食品安全委員会:プリオン専門調査会

|

« 新宿西口地下広場での募金全面禁止中 | トップページ | 中国、江陵汽車の四輪駆動車「陸風」がドイツ自動車連盟の安全性テストで星ゼロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/6166892

この記事へのトラックバック一覧です: 米国のBSE検査は日本より劣る、輸入再開は早くても12月以降に:

» BSE問題 [a fruit knife and a boy]
 この間松屋で牛丼を食ったわけですよ。それのなんとまずいこと。そのときはセール期間だから280円だったものの普段は350円。常に280円の豚丼のほうが美味いというのはどういうことなのでしょう?  それはもちろんBSEの全頭検査をしていないアメリカ産牛肉の輸入が禁止されたからでありますが、それがここに来てアメリカ産の牛肉の輸入再開へ向けての話し合いが生後20ヶ月以下の牛は検査してもあまり意味が... [続きを読む]

受信: 2005年10月 5日 (水) 01時09分

« 新宿西口地下広場での募金全面禁止中 | トップページ | 中国、江陵汽車の四輪駆動車「陸風」がドイツ自動車連盟の安全性テストで星ゼロ »