« 個人情報保護、倫理だけでは不十分 | トップページ | 国際宇宙ステーション計画、NASAから縮小案発表へ »

2005年9月 2日 (金)

ハリケーン「メリッサ」で宇宙関連施設へ被害、2006年3月シャトル「ディスカバリー」遅れの可能性

 ハリケーン「メリッサ」の影響がスペースシャトルにも及んでいました。
 ルイジアナ州にある外部燃料タンク製造工場の屋根が破損・浸水が確認されたとのこと。被害状況が不明なので、2006年3月シャトル「ディスカバリー」打上への影響も未だ不明です。
●関連記事
ハリケーンで宇宙関連施設被害、3月のシャトル遅れも(2005年8月31日21時29分)(科学 : YOMIURI ONLINE)

|

« 個人情報保護、倫理だけでは不十分 | トップページ | 国際宇宙ステーション計画、NASAから縮小案発表へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5756290

この記事へのトラックバック一覧です: ハリケーン「メリッサ」で宇宙関連施設へ被害、2006年3月シャトル「ディスカバリー」遅れの可能性:

« 個人情報保護、倫理だけでは不十分 | トップページ | 国際宇宙ステーション計画、NASAから縮小案発表へ »