« 軽い症状の救急、救命認定運転手タクシー「サポートCab(キャブ)」で | トップページ | 人工繁殖のコウノトリ9月24日、自然放鳥 »

2005年9月11日 (日)

2006年1月1日にうるう秒調整

 以前、07月08日に閏秒が行われるとの記事を紹介しましたが、具体的な方法が発表されました。
 平成18年(2006年)1月1日(日)午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に「8時59分60秒」を挿入するそうです。
●関連記事
来年の元旦は1秒だけ長い--NICTが2006年1月1日にうるう秒調整を実施(2005/09/07 22:49)(CNET Japan)
来年の元日は1秒だけ長い(2005/09/07 19:34)(ITmediaニュース)
●関連URL
「うるう秒」挿入のお知らせ- 来年の元日はいつもより「1秒」長い1日です -(平成17年9月7日)(独立行政法人情報通信研究機構:NICT)
標準時・周波数標準のQ&A(日本標準時グループ)
●関連blog
2005年は一秒長い(2005年7月 8日 (金) 02時10分)(秋沙のココログ既知ログ)

|

« 軽い症状の救急、救命認定運転手タクシー「サポートCab(キャブ)」で | トップページ | 人工繁殖のコウノトリ9月24日、自然放鳥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5887661

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年1月1日にうるう秒調整:

« 軽い症状の救急、救命認定運転手タクシー「サポートCab(キャブ)」で | トップページ | 人工繁殖のコウノトリ9月24日、自然放鳥 »