« WindowsVista、7つの種類で発売 | トップページ | ロサンゼルスで大規模停電 »

2005年9月13日 (火)

2004年以後に生まれの牛の汚染度「米国の方が数倍高い」

 食品安全委調査会が、米国産の牛の危険度が高いとの、評価を出しました。
 選挙後、さっそくアメリカは牛肉の輸入を迫りましたが、安全圏に関しては疑問を示す要素ばかりが目に付きますね。
●関連記事
「米BSE、日本より汚染度高い」…食品安全委調査会(2005年9月12日22時23分)(YOMIURI ON-LINE社会)
●関連URL
食品安全委員会 BSE及びvCJDについて(内閣府)

|

« WindowsVista、7つの種類で発売 | トップページ | ロサンゼルスで大規模停電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5920776

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年以後に生まれの牛の汚染度「米国の方が数倍高い」:

« WindowsVista、7つの種類で発売 | トップページ | ロサンゼルスで大規模停電 »