« 土星の輪が薄くなっていく? | トップページ | はやぶさ、小惑星いとかわに接近中 »

2005年9月 8日 (木)

テンペル第1彗星の構造

 ディープ・インパクトの観測結果で、かなり複雑な構造をしていることが発表されました。
●関連記事
テンペル第1彗星の素顔は? 表面近くに氷の存在も(2005年09月07日03時07分)(asahi.comサイエンス)
テンペル第1彗星:凹凸や滑らかな部分が共存 NASA(2005年9月7日 1時31分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 科学)
●関連URL
NASA

|

« 土星の輪が薄くなっていく? | トップページ | はやぶさ、小惑星いとかわに接近中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5839977

この記事へのトラックバック一覧です: テンペル第1彗星の構造:

» ディープ・インパクトの最新研究結果 [Mysterious Space 日記]
NASA's Deep Impact Adds Color to Unfolding Comet PictureNASAは9月6日、ディープ・インパクトのインパクターが衝突したテンプル第1彗星に関する研究結果を発表した。 発表には、彗星は微小の重力しかないことや、彗星核はクレーターと見られる凸凹がある一方、滑らかな...... [続きを読む]

受信: 2005年9月 8日 (木) 10時13分

« 土星の輪が薄くなっていく? | トップページ | はやぶさ、小惑星いとかわに接近中 »