« ロサンゼルスで大規模停電 | トップページ | 太陽X線観測衛星「ようこう」(SOLAR-A)大気圏に突入し消滅、全ミッション完了 »

2005年9月14日 (水)

すばる望遠鏡,マグナム望遠鏡、128億光年先の星の爆発を観測

 今まで観測された中では最も遠い128億光年先の星の巨大爆発現象(ガンマ線バースト)が観測されたとのこと。この爆発を起こした天体はブラックホールになるそうです。
 9月4日午前(日本時間)、米航空宇宙局(NASA)の観測衛星スイフトが爆発をキャッチ。12時間後、ハワイ大学と東京大学が、東京大学のマグナム望遠鏡(マウイ島)で爆発直後の光が含む赤外線の観測。84時間後、東京工業大学と国立天文台などが可視光線を、すばる望遠鏡(ハワイ島)で観測。観測結果から距離が確定したとのこと。

 遠い星を観測すると言うことは、光の速度分、過去の状況を観測しているのと同じで、128億年昔の光を観測していることになります。つまり遠い星ほど過去にさかのぼっていくと。
で、現在、宇宙は137億年前に誕生したと考えられているので、宇宙が生まれて間もない頃の様子を観測していることになります。

 で、どんなことが分かるんでしょうね?
●関連記事
星の爆発:128億光年かなたの現象観測 すばる望遠鏡(2005年9月13日 3時00分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 科学)
宇宙誕生から9億年で散った星、東大など観測に成功(2005年9月13日3時4分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
宇宙最大の爆発、128億光年の距離 すばる観測(2005年09月13日09時50分)(asahi.comサイエンス)
●関連URL
Subaru Telescope, NAOJ(すばる望遠鏡)
すばる、宇宙最遠の巨大爆発をとらえる(2005年9月12日)
マグナム望遠鏡

|

« ロサンゼルスで大規模停電 | トップページ | 太陽X線観測衛星「ようこう」(SOLAR-A)大気圏に突入し消滅、全ミッション完了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5933252

この記事へのトラックバック一覧です: すばる望遠鏡,マグナム望遠鏡、128億光年先の星の爆発を観測:

« ロサンゼルスで大規模停電 | トップページ | 太陽X線観測衛星「ようこう」(SOLAR-A)大気圏に突入し消滅、全ミッション完了 »