« マウス腱鞘炎とネット依存症 | トップページ | 失敗から学ぶ »

2005年8月 9日 (火)

米国立アレルギー感染症研究所、高病原性鳥インフルエンザウイルスのワクチン臨床試験に成功

 ニューヨーク・タイムズによると、米国立アレルギー感染症研究所が、H5N1型 高病原性鳥インフルエンザウイルスのワクチンの臨床試験に成功したそうです。

 人間用です、養鶏業者はニワトリ用の安価なワクチンが開発されるのを期待しているでしょうね。

 人から人への感染が今のところ無いのですが、感染源が鳥というだけあって、仮に人の間でも感染するタイプが発生した場合には大流行にはなってしまう恐れがあります。
ワクチンの開発の成功は、うれしいニュースですね、実用化が待たれます。
●関連記事
米研究所、鳥インフルエンザのワクチン試験成功・米紙報道(2005/08/07)(NIKKEI NET いきいき健康)

|

« マウス腱鞘炎とネット依存症 | トップページ | 失敗から学ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5374294

この記事へのトラックバック一覧です: 米国立アレルギー感染症研究所、高病原性鳥インフルエンザウイルスのワクチン臨床試験に成功:

« マウス腱鞘炎とネット依存症 | トップページ | 失敗から学ぶ »