« 文化審議会の小委員会、私的録音録画補償金制度見直しも検討へ? | トップページ | 米国で戦闘機向けレーザ兵器が開発中 »

2005年8月28日 (日)

米国防総省に中国サイトから長期ハッキング

 米国防総省に対して、過去数年前から大規模なハッキング行為が中国サイトから行われているそうです。
 この攻撃が、中国のハッカーによるものか軍によるものか、それともウイルスやワームによって外部からコントロールされたPCによるものなのか。
そして、攻撃対象が米国防総省を対象にした物なのか、大規模な攻撃の一部に米国防総省が含まれていたのか。

 判らないことだらけですね、でも、少なくても、中国にあるコンピュータからの攻撃があるというのは事実です。迷惑ですね。
●関連記事
米国防総省に中国サイトからハッキング(2005/08/26 08:04)(ITmediaニュース)
米政府機関のネットワーク攻撃は中国サイトから? 異論も(2005年8月26日 13:00)(Japan.internet.com Webテクノロジー)

|

« 文化審議会の小委員会、私的録音録画補償金制度見直しも検討へ? | トップページ | 米国で戦闘機向けレーザ兵器が開発中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5674468

この記事へのトラックバック一覧です: 米国防総省に中国サイトから長期ハッキング:

« 文化審議会の小委員会、私的録音録画補償金制度見直しも検討へ? | トップページ | 米国で戦闘機向けレーザ兵器が開発中 »