« 高知県沖の海底観測システムの障害 | トップページ | マーガリン取りすぎで悪玉コレステロールが増加 »

2005年8月17日 (水)

健康診断の検査項目、効果に厳しい疑問符

 厚労省研究班「最新の科学的知見に基づいた保健事業に係る調査研究」班(班長 福井次矢・聖路加国際病院長)が報告書を作成したとのこと。
 報告書が見つからないのですが(公開されていると思うのですけど)、おそらく「生活習慣病健診・保健指導の在り方に関する検討会(第2回会議)」で配布されたのではないかと思います。

 有用と判断されたのは、「血圧の測定」、「飲酒」「喫煙」に関する問診、「身長・体重の測定」の減量指導を条件、「糖負荷試験(糖尿病検査)」と「うつ病を調べる問診」の健診後の指導・治療の体制整備を条件。「C型肝炎検診」「B型肝炎検診」が判定保留。
 それ以外は、全てその有用性に根拠が無いとのこと。

 かなりショックですね。
 以前から、胸部X線は、X線技師の雇用を守るために有効性が疑問視されていても、言い訳を付けて健康診断の項目に織り込まれている、という批判がされていましたが、その他の項目もほとんど意味をなしていないというのは。
 どうやって、じぶんの健康を診断すればいいのやら。。。
●関連記事
健康診断:主要16検査項目、効果に疑問 予防に根拠なし--厚労省研究班が報告書(2005年8月14日)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 行政)
健康診断:項目の大半が有効性の証拠薄い 厚労省研究班(2005年8月14日 3時00分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 医療)
解説:厚労省の健診評価、マイナス面も検証を(2005年8月14日)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 行政)
●関連URL
厚生労働省関係審議会議事録等 その他(検討会、研究会等)(厚生労働省)
生活習慣病健診・保健指導の在り方に関する検討会(第2回会議)(05/08/04)

|

« 高知県沖の海底観測システムの障害 | トップページ | マーガリン取りすぎで悪玉コレステロールが増加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5513216

この記事へのトラックバック一覧です: 健康診断の検査項目、効果に厳しい疑問符:

« 高知県沖の海底観測システムの障害 | トップページ | マーガリン取りすぎで悪玉コレステロールが増加 »