« New York Times社説で宇宙ステーションは「お荷物」との指摘 | トップページ | アスベストと同じ危険性?超微細粒子の健康・毒性調査に文部科学省が着手 »

2005年8月17日 (水)

産学官研究プロジェクト触覚,香り,立体のテレビを開発支援

 いわゆる、国家プロジェクトの基礎?研究で一応、2020年実用化を目標としているようですが、全てが実用化ではなくて、何らかの成果が上げられれば良しなんでしょう。
 立体映像についてはいろいろな手法が出ていますが、解像度もまだ低いですし、特別な装置を利用しない立体表示も視野角が狭くてみるのに難しかったりします。立体視ではない本当に立体に表示できるもの・・となるとどうなるのかなぁ?
 触覚や臭いについては、見る位置にもよりますし、ユーザインターフェイスの問題もあります。

 どんな結果が出るのか・・?
●関連記事
立体テレビで触感や香り・総務省、2020年めざす(2005/08/16 07:02)(NIKKEI NET:経済)

|

« New York Times社説で宇宙ステーションは「お荷物」との指摘 | トップページ | アスベストと同じ危険性?超微細粒子の健康・毒性調査に文部科学省が着手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5505594

この記事へのトラックバック一覧です: 産学官研究プロジェクト触覚,香り,立体のテレビを開発支援:

« New York Times社説で宇宙ステーションは「お荷物」との指摘 | トップページ | アスベストと同じ危険性?超微細粒子の健康・毒性調査に文部科学省が着手 »