« 国際労働機関の石綿使用における安全条約に批准を決定 | トップページ | NEC、PC内蔵型のUPSを開発 »

2005年8月 6日 (土)

寺で深刻なアライグマの獣害

 アライグマが民家の屋根裏に住み込んで、糞尿による健康被害というのを聞いたことがありますが、お寺での被害も深刻な物があるそうです。

 お寺はエサが豊富な観光地や住宅地に近く緑地もあり池には鯉が居るし、夜間は人気が少なく昼間も人がいるのは特定の場所のみと、住処にするには最適なんでしょう。
 神奈川県でも鎌倉などの神社で深刻な被害が出て問題になったことがありました。

 結局の所、人間が広めてしまった責任を取るのなら人間がそこから駆除するしか無いんじゃないかなぁ。駆除以外に効果的な方法かあればいいんですが。可哀想だからで文句を言うだけなのは一番最悪ですね。
●関連記事
京都のお寺にアライグマ被害 市が調査開始(2005年08月05日)(asahi.comサイエンス)

|

« 国際労働機関の石綿使用における安全条約に批准を決定 | トップページ | NEC、PC内蔵型のUPSを開発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5330750

この記事へのトラックバック一覧です: 寺で深刻なアライグマの獣害:

« 国際労働機関の石綿使用における安全条約に批准を決定 | トップページ | NEC、PC内蔵型のUPSを開発 »