« 関東内陸部でもセアカコケグモが見つかる | トップページ | Windowsのプラグ&プレイの脆弱性(MS05-039)攻撃ワームが大規模な流行へ »

2005年8月19日 (金)

NASA、スペースシャトルの打上を2006年3月以降に延期

 国際宇宙ステーションの建設等色々影響が出そうです。
■追記
 2006年03月04日~19日の打上可能な期間まで打上を延期するとの決定です、実際のところ、2005年09月11月2006年01月の打上機会がありますがそれまでに対策を終える目処が立たなかったと言うところでしょうね。
 打上は、前回飛行したディスカバリーを使用予定で、当初予定していたアトランティスは次々回となるそうです。

 また、打上回数に関しては明言を避けたところを見ると、今後シャトル運用終了までの打上回数は減ることはあっても増えることはなく、ISSの建設にはより問題が発生しそうです。
●関連URL
NASA
Return to Flight
●関連記事
シャトル再開作業部会が最終報告書を発表(2005年8月18日22時18分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
特集記事 シャトル再開(YOMIURI ONLINE)
次回シャトル、来年3月に延期 断熱材問題の解決遅れ(2005年08月19日10時07分)(asahi.com国際)
スペースシャトル:次の打ち上げは来年3月4日 NASA(2005年8月19日 11時36分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE)

|

« 関東内陸部でもセアカコケグモが見つかる | トップページ | Windowsのプラグ&プレイの脆弱性(MS05-039)攻撃ワームが大規模な流行へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5537326

この記事へのトラックバック一覧です: NASA、スペースシャトルの打上を2006年3月以降に延期:

« 関東内陸部でもセアカコケグモが見つかる | トップページ | Windowsのプラグ&プレイの脆弱性(MS05-039)攻撃ワームが大規模な流行へ »