« 「フグ肝特区」認められず | トップページ | Google News、RSSとAtomで記事の配信もサポートへ »

2005年8月10日 (水)

月刊MicrosoftUpdate8月号

 でています。
 ダウンロードセンターでのパッチに不具合があったようです。通常、WindwosUpdate又はMicrosoftUpdate経由からならば問題ないです。

MS05-038 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (896727)
MS05-039 プラグ アンド プレイ の脆弱性により、リモートでコードが実行され、特権の昇格が行なわれる (899588)
MS05-040 テレフォニー サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される (893756)
MS05-041 リモート デスクトップ プロトコルの脆弱性により、サービス拒否が起こる (899591)
MS05-042 Kerberos の脆弱性により、サービス拒否、情報の漏えいおよびなりすましが行われる (899587)
MS05-043 印刷スプーラの脆弱性により、リモートでコードが実行される (896423)
MS05-023 Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される (890169)
MS05-032 Microsoft エージェントの脆弱性により、なりすましが行われる (890046)

●関連記事
MS、月例アップデートでIEの脆弱性などに対処(2005/08/10 07:33)(ITmedia エンタープライズ)
マイクロソフト、8月の月例パッチを公開--6件の脆弱性を修正(2005/08/10 10:21)(CNET Japan)
●関連記事
MSの月例アップデートの一部、ダウンロードセンター経由の入手が「準備中」に(2005/08/10 21:24)(ITmedia エンタープライズ)
IEのパッチに不具合,ダウンロードセンターから入手したユーザーは注意(2005/08/11)(nikkeibp ITPro)
●関連URL
セキュリティ ホーム(マイクロソフト)

|

« 「フグ肝特区」認められず | トップページ | Google News、RSSとAtomで記事の配信もサポートへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5389558

この記事へのトラックバック一覧です: 月刊MicrosoftUpdate8月号:

« 「フグ肝特区」認められず | トップページ | Google News、RSSとAtomで記事の配信もサポートへ »