« 羽田空港管制が一時システムダウン | トップページ | スペースシャトル・ディスカバリー8月8日17時37分JST帰還予定 »

2005年8月 2日 (火)

みの電子パーツが、イカ釣り船のLED集魚灯を搭載実験

 ついにLEDによる漁り火の時代が?実際に3ヶ月間の漁獲量を計測するそうです。
 
 LEDは電球に比べ消費電力も少なく、光りの方向を制御しやすいので、運用効率が良い物の、光りの波長が一種類の為、集魚効果があるのかが不明で、実用が進んでいないようです、今後、LEDの色の種類や組み合わせなども検討されるのでしょうか?
●関連記事
みの電子パーツ、LED集魚灯をイカ釣り船に搭載実験(2005/08/02)(NIKKEI NET:地域経済ニュース【四国】)
●関連URL
みの電子パーツ
マツイ
●関連BLOG
青色LEDのイカ釣り船のいさり火が実用化へ(2005/5/10)(秋沙のココログ既知ログ)

|

« 羽田空港管制が一時システムダウン | トップページ | スペースシャトル・ディスカバリー8月8日17時37分JST帰還予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5285358

この記事へのトラックバック一覧です: みの電子パーツが、イカ釣り船のLED集魚灯を搭載実験:

« 羽田空港管制が一時システムダウン | トップページ | スペースシャトル・ディスカバリー8月8日17時37分JST帰還予定 »