« eBayサイト脆弱性を突かれフィッシング攻撃の踏み台に | トップページ | 金融機関名前を騙ったダイレクトメールの振り込め詐欺が多発 »

2005年8月 4日 (木)

スペースシャトル ディスカバリーの帰還予定日の決定は4日以降に変更

 当初、(シャトル底部の修復が完了すれば)8月8日に予定されていたスペースシャトル ディスカバリーの帰還ですが、操縦席付近の窓に発見された、新たな傷の安全検証のために48時間の時間を掛ける方針が示されたとのこと。
 結果によっては、帰還予定日が変更される可能性もあります。

 今回見つかった傷は、国際宇宙ステーション(ISS)からの観測で見つかったとのこと。しかし、スペースシャトルの安全性はこんなに薄氷の上で成り立っていたと言うことですか?今まで無事帰還したシャトルが幸運(偶然)に恵まれていたと思えてきました。

 また、シャトル底部の修理も無事完了したとのこと。素晴らしい。
●関連URL
STS-114(宇宙航空研究開発機構|JAXA)
Return to Flight(NASA)
●関連特集記事
ディスカバリー打ち上げ成功(NIKKEI NET:特集)
シャトル再開(特集 : YOMIURI ONLINE)
[シャトル]検索結果(Sankei Web)
科学(MSN-Mainichi INTERACTIVE)
宇宙探査(asahi.com 特集)

|

« eBayサイト脆弱性を突かれフィッシング攻撃の踏み台に | トップページ | 金融機関名前を騙ったダイレクトメールの振り込め詐欺が多発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5303449

この記事へのトラックバック一覧です: スペースシャトル ディスカバリーの帰還予定日の決定は4日以降に変更:

« eBayサイト脆弱性を突かれフィッシング攻撃の踏み台に | トップページ | 金融機関名前を騙ったダイレクトメールの振り込め詐欺が多発 »