« 子供の非行、親よりも悪友の影響が大きい? | トップページ | 三菱のH-IIA工場でボヤ騒ぎ »

2005年7月11日 (月)

セキュリティ関係

 とにかく、IM(インターネットメッセンジャー)やP2P、メールの添付ファイルで、実行ファイルが有ったら、十分注意する必要があります。ってか、基本的に実行してはいけないです。
 自己解凍形式の圧縮ファイルとかは、一見して相手のためを思っているように思えますが、基本的にLZHかZIP当たりで圧縮した方が良いでしょう。(Windowsで標準に開けるZIPの方が利便性は高い?)

 トロイの木馬は厄介ですね、日本向けの物が出回っているようですし、安全なPC環境からオンラインショッピングやネットバンクを利用するようにした方が良いですけど、安全な状態をどうやって維持するかが問題になるんですよね。
 脆弱性に注意している人なら、自己対策も期待できますが、そうではない一般の人ほど、無頓着ですから・・
●関連記事
IM標的の脅威、4~6月期で400%増加(2005/07/09 07:47)(ITmediaニュース)
邦銀を狙い打ちにしていたトロイの木馬(2005/07/09 01:38)(ITmedia エンタープライズ)
みずほダイレクトを狙ったスパイウェア、郵貯や東京三菱などもターゲット(2005/07/08 18:32)(Impress INTERNET Watch)
トレンドマイクロ、ウイルス感染が体験できるセキュリティ情報サイト開設(2005年7月11日)(Japan.internet.com Webビジネス)
●関連URL
インターネット セキュリティ ナレッジ(トレンドマイクロ)

|

« 子供の非行、親よりも悪友の影響が大きい? | トップページ | 三菱のH-IIA工場でボヤ騒ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/4931958

この記事へのトラックバック一覧です: セキュリティ関係:

« 子供の非行、親よりも悪友の影響が大きい? | トップページ | 三菱のH-IIA工場でボヤ騒ぎ »