« 陸域観測技術衛星(ALOS)、赤外線天文衛星(ASTRO-F)の不具合と同じ不具合が判明で打ち上げ延期 | トップページ | 次期Windows、Longhorn改めVistaが正式名称に »

2005年7月24日 (日)

Mozilla 次期Firefoxの開発に遅れ、Mozilla Suite1.7.10英語版リリース

 Firefox1.1が追加機能などの兼ね合いから、1.5のバージョン番号にジャンプアップするそうです。
リリース時期は9月に延ばしたと言うことですが、ソフトウェアのリリース時期というのは、ずれる物なので、目標程度に考えていた方が良いと思います。

 Mozilla Suite1.7.10英語版がリリースされました、既に次期バージョンの開発がMozillaプロジェクトから、シーモンキー プロジェクトに移行が決まっていますが、不具合のメンテナンスは行われているとのことです。
●関連記事
米Mozilla,「Firefox 1.1」を「同1.5」に改名し3カ月遅れの9月リリースへ(2005/07/22)(nikkeibp ITPro)
次期Firefoxのバージョンは「1.1」ではなく「1.5」(2005/07/22 16:22)(Impress INTERNET Watch)
脆弱性と拡張機能の互換性問題を修正した「Mozilla 1.7.10」英語版が公開(2005/07/22 20:03)(Impress INTERNET Watch)
●関連URL
Mozilla Suite - The All-in-One Internet Application Suite(Mozilla Foundation)(英語)

|

« 陸域観測技術衛星(ALOS)、赤外線天文衛星(ASTRO-F)の不具合と同じ不具合が判明で打ち上げ延期 | トップページ | 次期Windows、Longhorn改めVistaが正式名称に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5126342

この記事へのトラックバック一覧です: Mozilla 次期Firefoxの開発に遅れ、Mozilla Suite1.7.10英語版リリース:

« 陸域観測技術衛星(ALOS)、赤外線天文衛星(ASTRO-F)の不具合と同じ不具合が判明で打ち上げ延期 | トップページ | 次期Windows、Longhorn改めVistaが正式名称に »